不動産ニュース / 開発・分譲

2022/3/14

恵比寿でPark-PFIにより公園リニューアル

恵比寿南一公園イメージ画像

 サッポロ不動産開発(株)とスターツCAM(株)は10日、Park-PFI事業「恵比寿南一公園改良整備事業」(東京都渋谷区)に応募し、渋谷区から2例目の事業者として選定され、2022年1月に着工したと発表した。

 サッポロ不動産開発を代表企業に、スターツCAM(株)、UDS(株)と共同事業体を構成。子育て、地域交流、コミュニティ拡大に貢献する公園づくりを目指し、区立公園のリニューアルを行なう。スターツグループは初のPark-PFI事業となる。

 同公園は、JR「恵比寿」駅徒歩8分に立地。面積は2,016.79平方メートル。公募対象の公園施設は鉄骨造地上2階建て、建築面積143.1平方メートル。延床面積286.2平方メートル。施工はスターツCAM、設計・監理はUDS。また(株)スターツ総合研究所が事業推進を支援する。

 既存樹や現存する公園施設を残し、渋谷区が拡大を図る「プレーパーク」(既存の遊具がなく、子供たちが個性を発揮して遊びをつくり出すことのできる遊び場)を設置。新たな公園施設として、ペットと共に利用できるカフェやペットの一時預かり機能(ペットサロン・ホテル)、屋内多目的スペースでのドッグラン等も設置する予定。

 竣工は7月、開園は9月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

PFI

Private Finance Initiativeの略。民間資金によって公共施設等を整備する手法をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。