不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/4

豪州で海外初の宅地開発/関電不

「Rouse Hill Heights(ラウズ・ヒル・ハイツ)」完成イメージ

 関電不動産開発(株)は、豪州で海外初の宅地開発事業に参画すると発表した。現地法人Kanden Realty & Development Australia Pty Ltd(2021年10月設立)を通じて、シドニー北西部ラウズ・ヒルエリアで、宅地開発・分譲を行なう計画。

 ニューサウスウェールズ州を中心に不動産開発を行なうLegacy Property(シドニー、CEO:Matthew Hyder氏)が、同エリアで開発を行なう「Rouse Hill Heights(ラウズ・ヒル・ハイツ)」宅地開発事業に参画する。敷地面積約11ha。総区画数208区画(同社参画分)。

 19年5月に「シドニーメトロ」の第1期ノースウエスト線が開通し、最寄り駅の「Tallawong(タラ ウォング)」駅から、シドニー中心街北部を結ぶ鉄道網が整備された注目を集めている都心近郊エリア。主要幹線道路にも隣接し、車での利便性も高い立地で、商業・教育施設が複数あり、今後さらに生活利便施設も整備される予定。
 着工は22年3月、竣工・引き渡しは22年12月の予定。

 同社は今後、集合住宅開発事業や他の州でも事業参画の機会を検討し、豪州における収益拡大を目指していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。