不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2022/4/4

リフォーム事業部を新設/ナイス

 ナイス(株)は、4月1日付で、住宅事業本部(情報館<不動産仲介>、マンション、分譲住宅、注文住宅)に「リフォーム事業部」を新設。住宅事業の5つ目の柱としてリフォーム事業に注力していく。

 また同日、リフォーム事業の新店舗「ナイスのリフォーム」を、「ナイス住まいの情報館鶴見西」(横浜市鶴見区)に隣接してオープンした。「ナイスのリフォーム」では、中大規模リフォームに注力し、修繕などの小規模リフォームはこれまでマンションリフォームを手掛けてきた、ナイスコミュニティーサービス(株)が対応する。グループ各社の役割を明確にし、各業態と親和性のあるリフォームを行なうことで、グループ全体の業務効率化と営業体制の強化を図っていく。

 住まいの相談窓口「ナイス住まいの情報館」では、既存住宅売買の相談を受ける際、「ナイスのリフォーム」担当者が必要に応じて同席し、顧客の潜在的な課題を引き出すと共に、解決に向けた提案を行なっていく。
 また、コロナ禍による在宅勤務の増加などにより、ワークスペースの設置やインターネット環境の増強などの需要が高まる中、インターネットサービスを提供するYOUテレビ(株)と連携し、リフォームプランに組み込んだ提案を行なっていく。
 大規模リフォームについては、既存マンションの買取再販事業を手掛けるリナイス(株)からの紹介物件をはじめ、ナイスが供給したマンションおよびナイスコミュニティー(株)の管理マンションを中心に、リフォームプランを提案する。

 そのほか、資材事業本部との連携により、木質化リフォームを積極的に提案するなど、グループシナジーを最大化したリフォームを提供していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リフォーム

建物の構造強化、機能向上などを図るための改修をいう。リフォームの種類には、耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、耐久性向上化などのための工事がある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。