不動産ニュース / 開発・分譲

2022/5/25

熊本空港に太陽光発電、CO2排出10%削減/三井不ほか

太陽光パネル設置エリア(新ターミナルビル開業後)

 三井不動産(株)、九州電力(株)、熊本国際空港(株)は24日、PPA契約(電力売買契約)を締結し、熊本空港(熊本県上益城郡)に太陽光発電設備を導入すると発表した。

 カーボンニュートラルの達成を目標に掲げる熊本国際空港は、熊本空港の脱炭素化推進を検討。再生可能エネルギーなど多数の実績を持つ2社のノウハウを活用し、PPAモデルでの太陽光発電スキームを採用することとなった。
 太陽光発電設備の設置・所有・運用は、2社共同で実施。PPAモデルでの太陽光発電設備の導入は、空港民間委託後の国管理空港において初となる。

 熊本空港の駐車場に容量1.1MWのカーポート型太陽光パネルを設置し、年間発電量1,300MWhを新ターミナルビル(2023年3月開業予定)に供給する。これにより年間CO2削減量は630tとなり、熊本空港のCO2排出量を約10%削減できる見込み。また、夏期の遮熱効果や悪天候時の雨避けとしての機能も果たし、空港の利用客の利便性向上にもつなげていく。

 運用開始は23年11月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

太陽光発電(システム)

太陽電池によって太陽光のエネルギーを直接に電力に変換する発電方式をいう。太陽電池は、一定の物質に光が照射されると伝導電子が増加する現象(光電効果)を利用して電力を得る装置で、光エネルギーを電力に変換する過程で熱や運動エネルギーの媒介を必要としない。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。