不動産ニュース / その他

2022/8/12

IoTデータを活用した建物ライフサイクル管理サービス

 大成建設(株)は12日、クラウドを利用した建物ライフサイクル管理サービス「LCMC」(LifeCycle Management Console)の提供を開始すると発表した。

 近年、建物や社会インフラの老朽化に伴い、保守業務の重要性が高まっている一方で、建物管理の現場では、いまだ紙による点検確認や経験に基づくトラブル対応などが多く、効率的な保守管理が十分に行なえない環境にある。そのため建設時に生じるイニシャルコストより竣工後の保守管理に関するランニングコストの方が高くなるとされており、建物ライフサイクルコストの低減には、保守管理を効率的に行なうことが重要となってくる。 

 こうした状況から、同社は2019年10月より日本マイクロソフト(株)と協業を開始。21年2月にはBIMとIoTを融合した建物プラットフォーム「LifeCycleOS」をMicrosoft Azure上に構築し、同OSを建物管理に運用。さまざまなサービスやデバイスを連携させ、建物機能の継続的なアップグレードを可能とするための基盤を整備した。

 今回、提供を開始する「LCMC」は、「LifeCycleOS」から取得したIoTデータを活用。建物の状況を瞬時に把握・分析して「使える」状態に加工したデータを提供することで「点検管理」「インシデント管理」「建物・設備管理」などの建物管理を効率化する。
 導入・運用コストの最小化やサービスの選択範囲の拡大なども可能なサブスクリプション方式も導入した。

 現在、「御茶ノ水ソラシティ」(東京都千代田区)にて先行提供したβ版による現場実証データをフィードバックすることでサービスの機能改善を進めており、今夏より正式版の提供を開始する予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。