不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/8

JR東、スマートホテルで地方創生

「ホテルB4Tいわき」完成予想図

 東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)は6日、スマートホテル「ホテルB4T」の初弾となる「ホテルB4Tいわき」(福島県いわき市、総客室数227室)を2023年1月に開業すると発表した。

 「ホテルB4T」は、増加するデジタルネイティブ層のニーズに応えつつ、人手不足の課題を抱える地方で省人化運営を実現することで、多様な地域での滞在拠点を提供し、旅の裾野を広げる狙いで展開していく。訪日外国人を含む旅行者に多様な地域での滞在拠点を提供し、地方創生や沿線活性化に貢献する。B4Tは「Bed」「for Travel・Train・Time・Trust」を組み合せた造語。

 スタッフによるおもてなしを重視するメトロポリタンホテルズ・JR東日本ホテルメッツとサービスの手法を変え、手軽でスピーディーなデジタルコミュニケーションを求めるユーザーに、抑揚ある滞在体験を手ごろな価格で提供する。予約からチェックイン、チェックアウトまでの手続きがSuicaとスマートフォンで完結。入退室のキーにもSuicaを利用する。また滞在中のユーザーリクエストも、スマートフォンによるオンラインチャット、ビデオ通話でスタッフがサポートする。

 第1号店は常磐線の中核駅「いわき」駅に隣接して開業。23年春には赤羽(東京都北区、総客室数46室)と田端(東京都北区、総客室数99室)が開業する予定。

 JR東日本グループの直営だけでなく、地方の地元企業をはじめとしたグループ外企業とのフランチャイズ方式での出店も目指す。効率的な運営形態により、少ない客室数(30 室程度以上)でも出店を検討していき、首都圏の中間駅や地方都市、狭小な立地などにも出店エリアを拡大。新規開発だけでなく、既存ホテルのリブランドや、他用途建物からのリニューアルなど、入居物件の選定も柔軟に行なっていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。