不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/29

多拠点居住サービス、トライアル開始/三井不レジ

「パークアクシス本所吾妻橋」内観
「KURKKU FIELDS」

 三井不動産レジデンシャル(株)は29日、多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」のトライアルを開始した。

 同社が実施したユーザー向けのアンケート等で、多拠点居住は住み替えにかかる「金銭的なハードル」、セカンドハウスの物件探しやリフォームに要する「時間的ハードル」、手配や段取りが煩雑で気軽に行なうことが難しいという「心理的ハードル」と、さまざまなハードルがあることが普及を妨げていることが分かった。

 「n’estate」は、こうした課題を解決するべく立ち上げた新サービス。同社が都心・地方都市を中心に展開する「PARK AXIS(パークアクシス)」のほか、三井不動産グループ企業、パートナー企業の施設等の中から、仕事やレジャー、観光など利用目的に応じてエリア・拠点・利用期間を選択し、居住できる。

 トライアル時点の拠点数は10拠点。都市型拠点となる「パークアクシス」は、従来主に2年単位で賃貸借契約を結んでいたが、トライアルでは住宅宿泊事業などを活用して1泊・1ヵ月単位で利用可能な部屋を用意した。居室には家具・家電、アメニティを備え付け、利便性を高める。

 一方、郊外型拠点はパートナー企業と提携し、都心からのアクセスに優れた2拠点を用意。1泊単位で利用できる「KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)」(千葉県木更津市)は、トレーラー型のタイニーハウス等を完備。オーガニックファームでは農業体験も提供する。1年単位の契約となる「畑住処」(埼玉県加須市)は、コテージや畑などで構成。週に1度、菜園アドバイザーによる訪問サポートもあり、野菜作り初心者でも気兼ねなく栽培に参加できる。

 今回のトライアルに先行して3月に実施した「三井のすまいLOOP」会員向けのモニター体験では、1日・10日間・1ヵ月単位のいずれのプランでも募集定員を超える応募があるなど好評だったという。

 今後も順次トライアル拠点を拡大していく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/11/17

「記者の目」更新いたしました

地元の魅力を発信する不動産屋さん「プリンスジュン」」を更新しました!
神奈川県中郡二宮町で愛される王子様をご存じですか?普段は仮の姿として不動産業に従事する「プリンスジュン」。その生態をレポートします。