不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/30

新宿駅西口地区開発、既存建物の解体に着手

「新宿駅西口地区開発計画」完成イメージ

 小田急電鉄(株)、東京地下鉄(株)は29日、新宿駅西口地区開発計画において、10月3日より順次、既存建物の解体工事に着手すると発表した。

 計画地は都市再生特別措置法に基づく特定都市再生緊急整備地域内に位置し、敷地面積は約1万5,700平方メートル。「小田急百貨店新宿店本館(新宿地下鉄ビルディング、新宿駅西口本屋ビル)」および「新宿ミロード」を解体し、新たにオフィス・商業機能を備えた複合施設を開発する。地上48階地下5階建て、延床面積は約28万1,700平方メートル。

 オフィス・商業機能の中間フロアには、新宿の特性を生かして、来街者と企業等の交流を促すビジネス創発機能を導入。イノベーションの創出を図る。低層部にはビジネス創発の情報や新宿を始めとした小田急線沿線、東京メトロ沿線等の情報を発信する機能も設ける予定。「新宿グランドターミナルの実現に向けた基盤整備」を掲げ、駅とまちの連携を強化する重層的な歩行者ネットワークや、にぎわいや交流を生む滞留広場なども整備する。

 10月3日より小田急百貨店新宿店本館の解体工事に着手。2023年4月より新宿ミロードモール2階、モザイク通り部分、25年4月より新宿ミロード本館部分の解体工事もスタートする。解体工事は27年3月末に終了、新築建物の竣工は29年度の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/11/17

「記者の目」更新いたしました

地元の魅力を発信する不動産屋さん「プリンスジュン」」を更新しました!
神奈川県中郡二宮町で愛される王子様をご存じですか?普段は仮の姿として不動産業に従事する「プリンスジュン」。その生態をレポートします。