不動産ニュース / 仲介・管理

2022/10/3

新築分譲マンションに電子契約を導入/伊藤忠PD

電子契約の流れ

 伊藤忠都市開発(株)と伊藤忠ハウジング(株)は3日、新築分譲マンションの契約時の手続きをオンラインで実施するためのシステムを導入したと発表。販売中の「クレヴィア西馬込」(東京都大田区、総戸数44戸)にて電子契約を開始した。

 同社では電子契約のためのシステムとして(株)デジタルガレージが開発・運営するDXクラウドサービス「Musubell」を採用。同サービスは護士ドットコム(株)が提供する電子契約サービス「クラウドサイン」とAPI連携しており、二要素認証を必須とし、クラウドサインにより電子署名が付される仕組み。

 当面は本人確認を慎重に行なうため、契約時に顧客にマンションギャラリーに来てもらい、顧客自身のデバイスを用いて対面で電子契約手続きを実施するが、将来的には非対面にて電子契約の手続きが完結できることを目指し検討を進めていく予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。