不動産ニュース / 団体・グループ

2022/10/7

JARES、11月に余剰容積率移転テーマにシンポ

 (公社)日本不動産学会(JARES)は11月24日、シンポジウム「都市再生に余剰容積率移転はどう貢献できるか」をオンライン(Zoom)形式で開催する。

 2020年に東京都が都市再生の観点から、都市郊外地における緑地の保全・創出、木造住宅密集地域の解消等に資する取り組みを「域外貢献」と位置付け、都市中心部等の容積率を緩和する方針を示したことに関連して、多角的な見地から理論的・実務的に掘り下げて考察する。

 前半は個別報告として5人の論者が研究成果等を報告。国土交通省都市計画課都市機能誘導調整室長の後藤暢子氏は、「都市計画における容積率制度」、政策研究大学院大学教授の福井秀夫氏は「余剰容積率移転の意味-法と経済学の観点から-」をテーマに報告。このほかにも中央大学常任理事・同大学法科大学院教授の大貫裕之氏、同大学商学部教授の阿部雪子氏、明海大学不動産学部教授・学部長の中城康彦氏がそれぞれ報告を行なう。

 後半はパネルディスカッションとして、阿部氏をコーディネーターとして前半の報告者が意見交換する。

 定員は先着順200人、参加費は無料。申し込み等詳細については同学会公表資料を参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。