不動産ニュース / その他

2022/10/27

新古河のコテージ付き貸し農園、一般募集を開始

「畑住処」外観

 東武鉄道(株)は29日、滞在型貸し農園「畑住処(はたすみか)」(埼玉県加須市)の入居者の一般募集を開始する。

 東武日光線「新古河」駅徒歩7分、東武鉄道所有地に立地する。二拠点居住等を想定した畑+宿泊可能なコテージで、野菜づくりをサポートする「菜園アドバイザー」による栽培の指導、庭や畑の管理補助サービスも提供する。運営は(株)アグリメディア(東京都目黒区)で、2022年3月にアグリメディアが運営する「シェア畑」の既存会員のみを対象に2区画の入居者を募集していたが、今回入居者の一般募集を行なう。

 1区画当たりの面積は180平方メートル(そのうち畑が40平方メートル以上)。コテージにはロフト、上下水道、電気、ガス(温水用)、照明(室内外)、トイレ、シャワー、ミニキッチン(IHコンロ)、机、収納棚、パレット家具、エアコンを備える。

 利用料(税別、水道光熱費込み)は月額10万8,000円。別途、入居時に月額利用料1ヵ月分の入会金が必要。また、オプションとして月額5,000円でWi-Fi設備の設置ができる。申込受付期間は11月21日まで。10月から11月にかけてオンライン・現地説明会も開催する。利用開始日は23年3月の予定。

 なお、同駅前の分譲地「AQUAFOREST 東武CITY新古河」の土地購入者に対しても、菜園アドバイザーの月4回の訪問による栽培指導、外構部の管理支援を月額1万5,000円(税別)で提供する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

二地域居住

都会に暮らす人が、週末などを定期的に、あるいは、年間の一定期間(1ヵ月以上とされる)を農山漁村で過ごす生活様式をいう。団塊の世代の退職後の生活スタイルとして提唱されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。