不動産ニュース / 開発・分譲

2022/11/14

南栗橋の全戸平屋戸建住宅地、1期8戸が完売

「レーベンプラッツ南栗橋」モデルハウス
開発中の現地

 MIRARTH(ミラース)ホールディングス(株)グループで戸建分譲事業等を手掛ける(株)レーベンホームビルドが開発を進めている戸建住宅地「レーベンプラッツ南栗橋」(埼玉県久喜市、総戸数16戸)の1期8戸が、10月末までに完売した。

 同物件は、東武日光線「南栗橋」駅徒歩10分に立地。開発地は市街化調整区域で、久喜市の条例により住宅の敷地面積が最低300平方メートルと定められている。そのため、この敷地のゆとりを活用して、全戸を平屋住宅としながら、延床面積も100平方メートル以上を確保。オープン外構とし、エントランス周囲を中心に植栽を施した。敷地面積は約300~340平方メートル。建物は木造軸組工法平屋建て。4LDK、延床面積は約100~101平方メートル。竣工は2023年1~2月予定。販売予定価格は4,000万円前後となる予定。

 エントランス前は庇を設けたポーチとし、リビング前も庇やウッドデッキを設けることで、アウトドアリビングとして利用できるようにした。玄関は親子ドアを採用。全戸、玄関に土間を設け、シューズインクロークとともに手洗いも設置した。リビング天井高は4,900mmを確保。アイランドキッチン、タッチレス水栓、食洗器、活水器、LD床暖房、浴室テレビ、スマート玄関キーなどが標準。冷蔵庫置き場とは別に、フリーザー置き場も設けた。

 LDKは20畳以上、主寝室は7畳以上を確保。カーポートは2・3台分用意し、最大6台分まで増やせる。また、坪庭やサンルームなど、ゆとりある敷地や床面積を生かした提案を随所に盛り込んだ。

 9月上旬から販売活動を開始し、モデルハウスには100組弱が来場。20歳代後半~30歳代のファミリー層が中心。地元久喜市に加え、川口市、加須市など周辺地域から広く反響を集めた。マンションや戸建住宅からの住み替え率は約4割。マンションや2階建て戸建住宅では味わえない、平屋ならではの視覚的な広がり、開放感への評価が高いという。

リビング天井高は最大4,900mm確保
寝室は7畳以上を確保。モデルルームはダブルウォークインクローゼットを改装し、2方向動線としている
全戸玄関横に土間を設置。趣味の空間や収納スペースとして提案

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?