不動産ニュース / 開発・分譲

2022/11/28

相模原でコミュニティパークのある分譲M

分譲マンション「リーフィアレジデンス相模大野ヴェール」外観完成予想CG

 小田急不動産(株)は26日、三信住建(株)と開発中の分譲マンション「リーフィアレジデンス相模大野ヴェール」(相模原市南区、総戸数65戸)の販売を開始した。

 小田急小田原線・江ノ島線「相模大野」駅徒歩12分、JR横浜線「町田」駅徒歩16分に立地。敷地面積2,776.01平方メートル。鉄筋コンクリート造地上7階建て。住戸は3LDK・70平方メートル台を中心に、専有面積68平方メートル台(2LDK+S)~87平方メートル台(4LDK)まで全28プランを用意する。

 全戸南東・南西向き。外構に植栽を施し、周囲の緑と調和する敷地計画を採用した。歩車分離設計で、敷地北西角には「コミュニティパーク(自主管理広場)」を配置し、入居者の憩いやコミュニティを育む場所を設ける。
 共用部分は、1階にWi-Fi完備の「マルチラウンジ」を配置し、ワークスペース(完全個室ブース)、コンセント付きベンチ・テーブルも設置する。さらに子供の靴や上履きを洗濯できるスニーカーランドリーやスロップシンクのあるユーティリティスペースも用意する。

 専有部には、玄関土間空間を組み込み、充電機能付きシェルフ、コンセント付き収納などを標準で装備。リビング・ダイニングと洋室の間には、壁一面の開け閉めができるスライドドア、ウォークインクローゼットや布団クローゼットなど収納にも配慮した。

 第1期販売戸数は23戸、専有面積68.16~87.64平方メートル。間取り2LDK+S・3LDK・4LDK、価格は3,998万~6,478万円(税込み)。最多価格帯は4,700万円台(6戸)。

 竣工は2023年12月下旬、引き渡しは24年1月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スロップシンク

床掃除のモップ・雑巾などを洗うため、また掃除で使った汚水を流すための深型の流し。主にバルコニーや便所、湯沸し室に設置される。「掃除用流し」ともいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!