不動産ニュース / その他

2022/12/5

ケネディクス、小売電気事業に参画

 ケネディクス(株)は1日、2025年度までに、同社グループのREITが保有する不動産の100%再エネ電力化を目指すと発表した。

 グループが運用するホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」(東京都中央区)に、オフサイトPPA(電力の購入契約)による再エネ電力を供給を行なう。
 グループで運用する太陽光発電所について、FIT制度からFIP制度への転換手続きを実施。固定価格で電力を買い取るFIT制度とは異なり、発電事業者による卸市場または需要家との相対契約に基づく売電価格に対して一定のプレミアム(補助額)を上乗せすることで、市場価格等より有利に売電を行なうことができる。併せて、オフサイトPPA契約を締結することにより、再エネ電力の安定的な調達環境を確保した上で再エネ電力を供給する。

 ケネディクスが電力の取次事業者として小売電気事業に参画し、発電事業者と需要家の電力マネジメントを行なうとともに、デジタルグリッドプラットフォーム(DGP)を活用したP2P電力取引を実施する。今回のスキームでは、発電事業者から環境価値を含め調達することで、100%再エネ電力化を達成することが可能となる。

 同社は電力のマネジメントを行なうことで広義の小売電気事業を展開。ケネディクスグループのREITが掲げるGHG(温室効果ガス)排出量削減目標の実現に向け、スポンサーとして全面的にサポートし、国内のCO2削減に貢献していく。

本スキームの概要図

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

FIT制度(固定価格買取制度)

電気事業者に対して、再生可能エネルギー電気を固定された価格(固定買取価格)で、一定期間、全量を買い取ることを義務付ける制度をいう。FITは、Feed-in Tariffの略語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!