不動産ニュース / リフォーム

2022/12/22

押上に「リッチモンドホテルズ」初の体験型ホテル

「リッチモンドホテルプレミア東京スコーレ」外観
「SHARE LOUNGE」内観。ドリンクやスナック、書籍などを用意

 アールエヌティーホテルズ(株)は22日、「リッチモンドホテルプレミア東京スコーレ」(東京都墨田区、総客室数260室)のグランドオープンに先駆け、メディア内覧会を開催した。

 都営地下鉄浅草線・東京メトロ半蔵門線・京成押上線・東武スカイツリーライン「押上」駅徒歩1分に立地。地上13階建て、延床面積1万1,432平方メートル。

 2015年に開業した「リッチモンドホテルプレミア東京押上」の名称を変更し、「体験型ホテル」としてリニューアルしたもの。時間制のカフェスペース「SHARE LOUNGE」をはじめ、サウナやゲーミングルームなどを備えた客室を新たに用意。全国に43ホテル、8,669室を展開する「リッチモンドホテルズ」にとって初の試みとなる。

 5階の「SHARE LOUNGE」は、シェアオフィスの利便性とラウンジの居心地の良さを備え、約1,300冊の書籍や約80種類のドリンク・スナックを用意。電源、高速Wi-Fiも完備し、充電器やモニター、加湿器などの貸し出しも行なっている。宿泊者をはじめ、地域の人々も気軽に利用することができる。
 6階は、小上がりのくつろぎスペースやサウナルームを備えた客室を用意。浴場と水風呂を設置した部屋もあり、サウナを存分に楽しめる空間とした。客室面積は18.5~71.8平方メートル。
 13階は、コンセプトフロアとし、各部屋にテーマを設定。「BOOK」をテーマにした部屋では、TSUTAYA・蔦屋書店がセレクトした書籍が本棚に並べられ、読書を楽しみながら宿泊することができる。「ゲーム」がテーマの部屋では、PCゲームに没頭できるよう、高スペックの機材を用意。ゲームモニター、チェア、ヘッドフォンにもこだわり、大人のためのゲーミングルームとした。

 会見でロイヤルホールディングス(株)執行役員ホテル事業担当、アールエヌティーホテルズ代表取締役社長の本山浩平氏は「コロナ前の19年比で見ると、グループの他の事業と比べて、ホテル事業は回復が遅れている。今後を見据えて、インバウンドに偏らず、国内やレジャーのお客さまの獲得を目指すため、既存ホテルで実験的に費用を投じて改装を行なった」などと述べた。

 宿泊料金は1万4,000円~(税サ込み)。グランドオープンは12月27日。

サウナルームを備えた客室。浴場と水風呂も設置している
ゲーミングルームは、高スペックの機材を用意。レーシングチームとコラボした長時間座っても疲れない椅子も採用している

この記事の用語

リノベーション

新築を除く住宅の増築、改装・改修、模様替え、設備の取替えや新設などの改造工事を総称してリノベーションという。リフォーム、リモデルなどとも。既存建物の耐震補強工事もリノベーションの一種である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?