不動産ニュース / 開発・分譲

2023/2/3

福岡県でマルチテナント型物流施設開発

「(仮称)KRD-LOGISTICS 小郡」外観イメージ

 関電不動産開発(株)は1日、マルチテナント型物流施設「(仮称)KRD-LOGISTICS 小郡」の着工を発表した。同社では九州圏で初となる物流施設開発事業。

 大分自動車道「筑後小郡」ICに隣接。「鳥栖」ジャンクションまで約5.0kmと、物流拠点として優位性のある立地。また甘木鉄道「今隈」駅徒歩5分と、通勤利便性も高い。

 敷地面積1万4,932.99平方メートル、鉄骨造地上3階建て。延床面積は2万5,700.10平方メートル。テナント区画の合計は約7,700坪で、2分割での入居も可能とする。1階トラックバースは柱スパン11mを確保することで、1スパン3台、計28台が駐車できる。荷物用エレベーター2基、垂直搬送機4機を実装するほか、それぞれ2基の増設も可能な構造とする。

 環境面にも配慮し、全館LED照明に。トイレ・階段に人感センサーを設置し、節水型衛生器具も導入する。BELS評価の認証を取得予定。

 竣工の予定は2024年2月29日。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。