不動産ニュース / 開発・分譲

2023/4/14

30周年記念PJ「菊名」、住環境と広さに高評価

「ヴェレーナグラン菊名の杜」完成予想図
リビング・主寝室からアクセスできるロフトが付くグルニエプラン
天井高を生かして2,400mmのハイサッシを採用

 大和地所レジデンス(株)は14日、設立30周年記念プロジェクトとなる分譲マンション「ヴェレーナグラン菊名の杜」(横浜市鶴見区、総戸数125戸)を報道陣に公開した。東急東横線沿線物件、第一種低層住居専用地域内の良好な住環境、専有面積70平方メートル台をメインとする多彩なプランなどが評価され、3月17日からの1期1次47戸は35戸が契約・申し込みとなった。

 同物件は、東急東横線・JR横浜線「菊名」駅より徒歩13分に位置。JR京浜東北線「鶴見」駅にもバス19分でアクセスできる。約1haの建設地はゴルフ練習場跡地で、東側への傾斜地。約20mの高低差を生かして、3~4層の建物を6棟配置した。

 総戸数125戸に対して86タイプを用意する、豊富な間取りプランがセールスポイント。住戸は、2LDK~4LDK、専有面積約56~100平方メートル。最大天井高5,200mmのメゾネットタイプや、スキレージ(スキップフロア+ストレージ)タイプ、ロフト付きのグルニエタイプ、オープンエアリビング付き住戸、間口15m・ルーフバルコニー付きのペントハウスなどを用意する。基準天井高は2,400mm、二重床二重天井。床暖房、食洗器、ガラストップコンロ、天然御影石キッチン天板、ミストサウナ、サーモバス、手洗いカウンター付きトイレなどが標準。

 共用施設として、パーティラウンジ、キッズスペース、ライブラリー、スタディルーム、中庭、屋上庭園、シェアファームなどを用意。約600平方メートルの提供公園も整備する。

 2022年9月に物件ホームページを公開し、エントリー総数は2,000件を突破。1月末のモデルルームオープンからの来場者は約350組で、毎週20~30組が来場中。第1期1次の販売価格は5,298万~9,398万円、最多価格帯は5,900万円台(7戸)。坪単価297万円。専有面積56~95平方メートル。プレファミリー・ファミリー層が中心で、約3割が地元港北区・鶴見区在住、6割が横浜市内在住。希少性の高い東横線沿線のマンションということから、都内からも2割ほどの反響がある。

マンション建設地

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。