不動産ニュース / 開発・分譲

2023/10/12

オリックス不、京田辺市に環境配慮型物流施設

「京田辺ロジスティクスセンター」外観

 オリックス不動産(株)は10日、物流施設「京田辺ロジスティクスセンター」(京都府京田辺市)の竣工を発表した。

 京奈和自動車道「田辺西」ICから約0.6km、第二京阪道路「枚方東」ICから約3.9kmに位置。敷地面積1万2,479.90平方メートル、延床面積2万15.54平方メートル、鉄骨造地上3階建て。
 1階に最大19台(10t車、一部4t車)が同時接車できるバースを構え、梁下有効高は約5.5mを確保。荷物用エレベーター2基、垂直搬送機2基を実装した。

 事業継続計画(BCP)として、24時間稼働想定の非常用発電機を設置。敷地内には防災備蓄倉庫を備え、ヘルメットや防水シート、懐中電灯、簡易トイレなども備蓄する。

 屋上には太陽光発電設備を設置し、発電した電力は施設内で利用することが可能。天候の影響や夜間などで発電量が不足する場合は、同社より非化石証書(トラッキング)付きの電力を供給することで、100%再生可能エネルギー由来の電力を提供する。駐車場には電気自動車(EV)充電スタンド2基を設置するなど、環境面に配慮。建物はCASBEE(新築)Aランクを取得した。

 なお、総合物流企業の(株)バンテックが、特定荷主専用の商品供給拠点として1棟利用することが決定している。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。