不動産ニュース / IT・情報サービス

2024/2/14

「IOWN」を活用した次世代サービスを検討/東急不他

 東急不動産(株)、アルサーガパートナーズ(株)、日本電信電話(株)、(株)NTTドコモは14日、IOWNを活用した次世代サービス開発に関する協業に向けた検討に合意したと発表した。

 IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)とは、最先端の光技術を使い豊かな社会を創るためのネットワーク・情報基盤構想のこと。4社は、アルサーガパートナーズの本社オフィスの移転を契機に、共創の検討を開始。渋谷からIOWNを活用したサービスを開発・発信し、広域渋谷圏や他のまちにも導入を拡大する計画。新しいエンタメ・ビジネス体験の創出を目指していく。

 第1弾として、「APN IOWN 1.0」(通信ネットワークの全区間で光波長を専有するオールフォトニクス・ネットワーク)を活用したリモート会議システム「Secure Hotline Powered by IOWN」の開発検討で合意。
 同サービスは、離れた場所のパートナーとまるで対面しているかのような臨場感ある会議体験を提供。専⽤線による強いセキュリティ性や誰でも簡単に操作できるUX/UIデザインを目指す。

 東急不動産は「OTN Anywhere」(ユーザとの接点になる装置)および実証実験場所を提供。アルサーガパートナーズは「APN IOWN1.0」対応のアプリケーション企画・開発、NTTはIOWNなどのNTT研究所技術活⽤に関する支援、ドコモはIOWNなどの最新技術を活⽤したサービスの検討を進める予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。