不動産ニュース / その他

2024/2/14

営農型太陽光発電で虎ノ門ヒルズ森タワーに給電

「森ビル筑西市桑山営農型太陽光発電所」の航空写真

 森ビル(株)は13日、同社初の営農型太陽光発電所「森ビル筑西市桑山営農型太陽光発電所」(茨城県筑西市)を稼働した。

 同社は、2023年度末~24年度にかけて、農業と太陽光発電を同時に行なう営農型太陽光発電所を6サイト・延べ10ha超の開発を進めており、今回稼働した筑西市の発電所はその初弾。

 敷地面積は1.9ha。農業の後継者問題で荒廃リスクのあった農地を再利用したもので、年間約280万kWhの月電量を見込んでいる。発電した電力はオフサイトPPAによって虎ノ門ヒルズ森タワー(東京都港区)に供給する。さらに、筑西市との間で防災協定を締結し、地域防災の向上にも貢献していく。

 農地においては、(株)エコ革ファームと協業し、小麦と大豆の二毛作を行なう予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。