不動産ニュース / 仲介・管理

2024/2/21

三井リアル、シェアサイクルの運営に参入

「三井のリパーク駐輪場」に設置したシェアサイクルステーション

 三井不動産リアルティ(株)は21日、シェアサイクルへの参入を発表した。OpenStreet(株)(東京都港区、代表取締役社長CEO:工藤智彰氏)が運営するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」に参画し、三井のリパーク駐輪場でシェアサイクルステーションの運営を開始した。

 HELLO CYCLINGは、約300万人の利用者を持ち、全国に約7,500ヵ所のステーションを展開している。各地域の商業施設やコインパーキング、マンションなどと連携しており、展開エリアでは放置自転車対策や環境対策といった点で支持されている。

 今回、ステーションを設置した三井のリパーク駐輪場は、「久我山駅前第4」(東京都杉並区)など5ヵ所。今回の参入により、三井リアルが運営する駐輪場の利用者や周辺住民の利便性を高める。

 利用に当たっては、専用アプリをダウンロードし、無料会員登録を行なう必要がある。利用料金は電動アシスト自転車が30分130円から、電動サイクルが15分200円から。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。