不動産ニュース / 開発・分譲

2024/2/21

大和ハ他、MM21で大規模複合開発

「みなとみらい21中央地区52街区開発事業」の完成予想図

 大和ハウス工業(株)は、「みなとみらい21中央地区52街区開発事業」を22日に着工する。

 (株)コーエーテクモホールディングスの親会社のグループ企業である(株)光優との共同事業。世界初のゲームアートミュージアムをはじめ、地域熱供給プラント、オフィスを併設した複合開発となる。開発地はみなとみらい線「新高島」駅徒歩2分で敷地面積は1万1,818.44平方メートル。建物はオフィス棟とミュージアム棟の2棟構成。オフィス棟は鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造の免震構造地上29階地下2階塔屋6階建て。ミュージアム棟は鉄骨造地上3階建て。全体の延床面積は11万3,893平方メートル。

 オフィス棟の地下には地域熱供給プラントを設置。みなとみらい二十一熱供給(株)が運営するもので、高効率な地域冷暖房システムを使い、地区全体に安定的なエネルギー供給を行なう。また、4~29階のオフィスフロアは、1フロア約2,700平方メートルの無柱空間として柔軟なレイアウト変更に対応。18階と24階は床下30cm・天井高400cm確保し、ラボやテストキッチンといった大型の什器・設備が必要なテナントにも対応できるようにした。低層階には店舗等を誘致する。防災倉庫や非常用発電機、貯水タンクなども整備し、災害対策も充実させる計画。

 ミュージアム棟は、光優が事業主体となって整備。ゲーム映像やキャラクターデザインなどゲームにまつわるさまざまな要素をアートとして展示したり、CG技術を使って体験型展示を行なったりなど、世界中のゲームファンが集まる施設を目指す。

 竣工は2027年5月末の予定。開業は同年7月を予定している。

世界初のゲームアートミュージアムとなるミュージアム棟の完成予想図

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。