不動産ニュース / 開発・分譲

2024/4/30

北海道・北見で20年ぶりの分譲マンション

複合再開発プロジェクト「北見市中央大通沿道地区第一種市街地再開発事業」完成イメージ

 (株)フージャースコーポレーションは27日、分譲マンション「デュオヒルズ北見」(北海道北見市、総戸数94戸)のマンションギャラリーをオープンした。

 「北見市中央大通沿道地区第一種市街地再開発事業」における住宅部分。なお同プロジェクトは、アルファコート北見中央大通沿道地区開発(株)が事業主となり、JR「北見」駅周辺と北見赤十字病院周辺の2つの拠点をつなぐ中央大通沿いに、医療・緑景・住宅を一体的に整備するもの。総事業敷地面積1万1,724.60平方メートル。都市機能が集積した中心都市拠点を形成することで、北見市の中心市街地の活性化を目指す。

 老朽化した業務施設を複合化し、耐震化、不燃化、有効なオープンスペースを確保し、良好な市街地環境を形成するとともに、医療施設の「休日夜間急病センター」や「交流広場」、マンションを一体的に開発。住環境を創出し、まちなか居住を推進する。

 同物件は、JR石北本線「北見」駅徒歩5分。敷地面積1,673.85平方メートル。鉄筋コンクリート造地上14階建て。間取りは1LDK~4LDK。専有面積43.13~103.67平方メートル。北見市内では20年ぶりの分譲マンションプロジェクトとなる。
 24時間ゴミ出し可能なゴミ置場、来客用の駐車場兼EV車充電スペース、寒冷地対策としてロードヒーティングを採用するなど、暮らしやすさに配慮したプランニングとした。
 マンションギャラリーでは、コンセプトシアターや、建物模型、モデルルーム(103.67 平方メートル)などを展示する。

 販売開始は5月下旬の予定。販売戸数・販売価格は未定。竣工は2025年12月上旬、入居開始は同年同月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

マンション

日本におけるマンションは、一般的には、鉄骨コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で、3階建て以上の分譲共同住宅・賃貸共同住宅を指している。ただし、賃貸共同住宅の場合にはPC造・重量鉄骨造であっても、マンションと呼ばれることがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。