不動産ニュース / 開発・分譲

2024/5/23

神戸市垂水区に生物多様性に配慮した大型分譲地

「ウインズタウン神戸みずき台」の空撮写真

 パナソニック ホームズ(株)は23日、大型分譲地「ウインズタウン神戸みずき台」(神戸市垂水区、総区画数589区画)のまちびらきを実施。

 同社の他トヨタホーム(株)、ミサワホーム(株)、トヨタホーム近畿(株)、ミサワホーム近畿(株)、住友林業(株)、セキスイハイム近畿(株)による共同事業で、同区の北東エリアに位置。総開発面積は阪神甲子園球場5.5個分に相当する21ha超。同社が主体として組成した土地区画整理組合が、2019年以降造成を進めてきた。JR・山陽電鉄「垂水」駅バス16分「桃山台」バス停徒歩6分。同日すべての事業会社による1期分譲がスタートした。

 生物多様性に配慮したまちづくりを推進し、まちのバックグラウンドストーリーとして、「幸せを運ぶ青い蝶が飛来する物語」を設定し、区域内が蝶が飛来する「バタフライガーデン」を設置している。また、起伏のある地形を生かし、約5.2haの里山やテントサイトのある展望台を配置して住民に管理を委ねることで自然を身近に感じる暮らしも実現する。

 住戸はすべてZEH。タウンマネジメントとして、住民専用のコミュニティ拠点「コミュニティコテージ」は、レンタルキッチンやコワーキング・BBQスペースなどを設けているほか、ガーデニングやアウトドアレジャー用品の貸し出しも行なっている。それら共用施設の利用や共用品の借用予約については、住民専用のタウンアプリを介して、スマートフォンでできるようにした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。