不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/14

中央住宅、八千代で全72区画の戸建住宅地

「リーズン八千代緑が丘 とわの街」外観

 ポラスグループの(株)中央住宅は14日、分譲戸建住宅「リーズン八千代緑が丘 とわの街」(千葉県八千代市、総戸数72戸)を報道陣に公開した。コロナ禍以後増えてきた「おうち時間」を大切にするユーザーに訴求するため、平屋街区や家庭用サウナ付き住戸などを用意。5月10日販売開始の1期は残1戸と順調な滑り出しを見せた。

 同物件は、東葉高速鉄道「八千代緑が丘」駅徒歩18分に立地。建設地は大学の薬草園跡地で、直近は化粧品会社が未利用で保有していたものを、仲介会社を通じて取得した。市街化調整区域で、開発に当たって最低敷地面積が160平方メートル以上に規制されていることを利用し、戸当たりの土地面積を165~200平方メートルとし、フットパスを設けるなどゆとりあるランドプランとした。

 建物は、木造在来工法平屋・2階建て。3LDK~5LDK、建築面積約96~107平方メートル(1期)。現在4戸が完成。残りは2024年10月完成予定。耐震等級3、都市ガス、浄化槽。リビング天井高2,700㎜、リビング床暖房、ポタジェ(果樹園)、雨水タンク、ハイブリッド給湯機などが標準。ほぼすべての住戸は駐車場2台。

 敷地のゆとりを生かして、勾配天井の平屋建て住戸を7戸用意。自宅での時間の充実を求めるユーザー向けに、格子天井の和室を設けたプラン、DEN付きプラン、家庭用サウナ(IESAUNA)付きプランなどを企画。1期では平屋住戸が3戸、サウナ付き住戸は4戸用意。サウナ付き住戸は浴室に面したテラスを設け、使用後すぐ汗を流せる動線とした。反響を見て、未着工の2期以降でもサウナ付き住戸を設定していく。

 2月10日にホームページを開設。これまでの反響数は127件(資料請求77件、現地来場50組)。1期19戸(1戸はモデルハウスで販売対象外)の販売価格は、3,780万~5,180万円。3戸の平屋住戸は最大3倍で完売したほか、すでに17戸が販売済み。購入者の7割が千葉県在住、その半数が八千代市在住。残り3割は都内、神奈川県在住者。30~40歳代のファミリーが中心で、平屋住戸は50~60歳代のシニア層の人気を集めたという。

 7月上旬に2期13戸、9月に3期9戸、11月に4期16戸、25年1月に5期15戸をそれぞれ供給する予定。

IESAUNA付き住戸は浴室に面したテラスを用意。サウナを楽しんだ後、すぐに汗を流せるようにした
中2階にDENを設けた住戸

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。