不動産ニュース / 団体・グループ

2001/4/10

住通チェーン本部国際部がアメリカ不動産業界を視察

 住通チェーンでは、3月7日(水)~14日(水)、提携先であるERA社のタンバ国際会議(大会)に本部および加盟店から20名が参加。会議出席とともにアメリカ不動産業界の最新事情を視察、そのレポートを発表した(以下一部抜粋)。

●経済停滞が予想されるアメリカ不動産仲介業界
 全体総会にて、ERA親会社のセンダント社不動産事業部門社長のリチャード・スミス氏は、不動産取引が6~7%ダウンすると予測。また、業界の著名なインストラクターであるピル・パレット氏は「ベビープーマーが50歳代半ばにかかることもあって、不動産価格は今後数年かけて21%下落するだろう」と述べた。中古流通件数はここ2年、500万戸を上回ったが、減速は避けられない模様。

●経済後退に強い営業が試される
 さらに大会では数々の分科会が盛り込まれたが、テーマは一貫して「一度お世話したお客様のフォロー」。
 ERA本部では「ERA DIRECTシステム」により、加盟店が成約した顧客に向けて、成約後に継続して手紙あるいはe-mailを送ることで成果をあげている。NAR(全米不動産協会)の調査結果によれば、80%の売主と買主は、以前の営業担当者に満足しているのに、次に売買を依頼する際には15%の人間しか同じ営業マンに依頼しないという。
 従って、件数が減少する市場で成績を伸ばす決定的な差別要因になるのが、成約後の顧客フォローであることがクローズアップされた。

●テクノロジーの活用
 また不動産業者にとって、テクノロジーは「諸刃の剣」であることが次第に認識されつつある。いかにハイテクをそろえようが、顧客との信頼関係の構築がない限り、テクノロジーは無用の長物であることが、徐々に浸透してきている。

●M&A(吸収合併)による再編続く
 アメリカの不動産仲介業者数は90年代の10年間で、15万業者から7万業者へ半減。これは、テクノロジーの浸透ならびにM&Aの駆使で引き続いている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。