不動産ニュース / 開発・分譲

2001/4/18

日本綜合地所、販売予定の全物件に高速インターネットを導入

 日本綜合地所(株)では、ゴールデンウィーク以降販売予定の首都圏の全物件に、最大100Mbpsの高速インターネット常時接続サービスを導入する。

 まずは5月上旬にも発売予定している目黒区・板橋区・足立区・府中市・横浜市・葉山市の計6物件(計約700戸)が対象となる。

 マンション物件内のLANの構築とサービスは、シーファイブドットコム(本社:東京都中央区、鈴木利幸社長)が提供し、月々のサービス利用料は全物件2,980円/戸。各戸内の全居室にLAN専用ジャックを用意することにより、各室で同時にインターネットが楽しめる。

 さらに年中無休で8時から22時まで受け付けるヘルプデスクを設け、パソコン初心者のため、インターネット接続以外のパソコン全般の質問にも対応できるようにする。また、マンション専用のホームページを採用することにより、入居者コミュニティー事業も視野に入れており、物件ホームページ上の掲示板やメールを利用するなど管理の効率的運営もはかる。

 同社は、来期より供給を高めていくレイディアントシリーズの売りである「専有面積100平方メートル、100%無料駐車場」のコンセプトに、今回の「100Mbpsブロードバンドインターネット」を加えた「トリプルONEハンドレット構想」で、より一層の商品力強化をめざしていく。

 今回のサービス導入は、インターネット電話などの次世代ITが普及した際、居住者が快適なIT生活を送れるようにとの考えからで、ブロードバンドの採用をIT時代に不可欠なインフラと捉えている同社ならではのこと。

 各物件に光ファイバーを導入することにより、マンションを地域におけるITネットワークの拠点として位置付け、将来的には周辺地域への高速インターネットサービスも考慮に入れている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。