不動産ニュース / 開発・分譲

2004/3/30

「COREDO日本橋」グランドオープン

テープカットは(左から)東急不動産社長:植木正威氏、東京大中央通会会長:小柳重隆氏、日本橋一丁目町会会長:細田安兵衛氏、日本橋六之部町会連合会会長:成川孝行氏、三井不動産社長:岩沙弘道氏によって
テープカットは(左から)東急不動産社長:植木正威氏、東京大中央通会会長:小柳重隆氏、日本橋一丁目町会会長:細田安兵衛氏、日本橋六之部町会連合会会長:成川孝行氏、三井不動産社長:岩沙弘道氏によって
セレモニーでは、伝統ある街「日本橋」らしく、(社)江戸消防記念会が「木遣り」を披露
セレモニーでは、伝統ある街「日本橋」らしく、(社)江戸消防記念会が「木遣り」を披露
11:00のオープンとともに一般客が続々と入店
11:00のオープンとともに一般客が続々と入店

 三井不動産(株)と東急不動産(株)がかねてより計画推進してきた「日本橋一丁目ビルディング」内の商業施設「COREDO日本橋」が30日、グランドオープンを迎えた。

 「COREDO日本橋」は、「時を超えて」をテーマにしており、百貨店や老舗名店に象徴される伝統的な商業の街「日本橋」に、現代的スタイルを加え、衣・食・住・遊の生活シーン全般にわたって提案しているのが特徴。
 ソニープラザの大型新業態店舗「Serendipity(セレンディピティ)」や、スペインの2つ星レストランなど個性的な33のテナントによって構成されている。

 グランドオープンにあたって、三井不動産の岩沙社長は「COREDO日本橋自体は20~30歳代後半、40歳代前半がメインターゲットになるが、先日開通した『メトロリンク日本橋』(無料巡回バス)などによる地域各店舗との回遊性も高まる。それによって、地域全体を魅力ある街にしていく“フラッグシップ”となってくれるものと期待している」と述べた。
 また、東急不動産の植木社長は「当社にとって日本橋は、創業以来の深いなじみのある街。2003年に創業50年を迎え、節目の事業として、日本橋再生事業がスタートしたことはまことに喜ばしい。今後とも積極的に関わっていきたい」と今後の抱負を語った。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年2月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/1/10

「記者の目」更新しました

不人気だった学生向け賃貸が満室稼働に!」を更新しました。
今回は、静岡県のソーシャルアパートメントを取材!大学近くに立地するも、空室が埋まらず苦戦していた物件の付加価値を向上するためにリノベした事例です。建物の改装だけでなく、みんなで遊べるサッカーゲームや、わいわい楽しいタコ焼き機を準備するなどユニークな施策も…!