不動産ニュース / 開発・分譲

2008/11/14

「プロロジスパーク座間I」に太陽光発電システムを導入/プロロジス

「プロロジスパーク座間Ⅰ」完成予想図(左側は計画中の「プロロジスパーク座間Ⅱ」)
「プロロジスパーク座間Ⅰ」完成予想図(左側は計画中の「プロロジスパーク座間Ⅱ」)

 プロロジスは13日、開発中の「プロロジスパーク座間I」(神奈川県座間市)に太陽光発電システムを導入すると発表した。

 同施設の屋根部分の約半分(1万2,000平方メートル)に太陽光発電システムを設置するもの。同システムは、ヨーロッパと北米施設では導入済みだが日本では「プロロジスパーク座間I」が初となる。

 2009年7月より稼動を開始し、同施設内で使用する電力の一部を賄う計画。年間で、一般家庭280世帯分の年間消費量に相当する、約100万kwhの発電を見込んでいる。

 導入にあたって、「新エネルギー等事業者支援対策事業」として資源エネルギー庁より補助金が交付される予定。

 同施設は国道246号から約2km東名高速横浜町田IC、国道16号から約5kmに立地。敷地面積は5万9,475平方メートル、延床面積は13万9,211平方メートル、ワンフロア約2万4,000平方メートルの大規模倉庫スペースを有する。このほか、同社が特許取得している免震構造の導入、外壁に省エネ効果の高い金属製断熱サンドイッチパネルの採用、敷地内に雨水浸透貯留槽の設置など、人とモノにやさしい物流施設として開発を進めており、09年5月に竣工予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。