不動産ニュース

2009/12/21

中小企業金融円滑化法施行に伴い対応拡充/住宅金融支援機構

 (独)住宅金融支援機構は18日、中小企業金融円滑化法の施行に伴い、住宅ローン等の条件変更に関する取組方針の公表および取組体制の強化などを実施していくと発表した。

 具体的には、(1)同機構の本店および支店への対応責任者の新設など、住宅ローン等への返済が困難になった顧客へのセーフティネットとしての取組体制を強化、(2)事業系融資については、賃貸住宅融資などの長期事業資金の元金の据置期間を最長5年間とするなどの新設や、まちづくり融資などの短期事業資金などの返済期間を最長1年間延長、(3)住宅ローンにおいて留守管理承認申請書の提出により認可してきた融資住宅からの一時的な転居については、住所変更届のみの提出で可能とし(2010年1月中旬実施予定)、所得の低下によって返済が困難となった場合に、所得が回復するまで融資住宅を賃貸し、賃料収入により返済を継続することを可能とする。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。