不動産ニュース / 調査・統計データ

11年度の首都圏分譲戸建、契約戸数は約5万9,000戸。契約率は22%/アトラクターズ・ラボ調査

 アトラクターズ・ラボ(株)はこのほど、2011年度の戸建分譲分析結果を発表した。インターネットポータルサイト上で販売広告された全物件を収集・分析したもの。戸建分譲とは、新設住宅着工統計の「分譲の戸建」を指す。

 同年の、新設住宅着工における全国の新規販売戸数は11万7,979戸(前年比4%増)、同期間中の契約戸数は11万2,350戸、契約率24%だった。東日本大震災の影響により、5~7月にかけ契約率が20%を割り込み、1年間を通じた契約率も、好調の目安となる25%を割った。

 首都圏の分譲戸建は5万7,724戸(同7%増)。契約戸数は5万9,553戸、契約率は22%だった。契約戸数が着工戸数を上回っているのは、震災による2週間余の販売物件が、4月以降にずれ込んだため。契約率が22%と全国平均を下回っているのは、震災前まで土地仕入れを強化してきたパワービルダーが、夏以降に販売量を増やし、市場の販売中戸数が増加したため。

 また、戸建分譲の契約価格は、全国平均3,144万円、首都圏平均3,506万円。販売価格は、全国平均3,251万円、首都圏平均3,594万円。全国、首都圏ともに、震災後の5.6月と平均価格は下落したが、その後回復。全国価格は3,150万円前後、首都圏価格は3,530万円前後で安定推移した。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年8月号 日々の実務に役立つ情報満載です

特集『賃貸仲介・管理“どうする?こんなクレーム”』
入居者のライフスタイルの変化により多様化した クレームを、実際の対応もあわせて 紹介します。


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/7/21

「海外トピックス」更新しました

Vol.326 タウンハウスを選ぶ理由(その2) の記事を更新しました。

タウンハウスが最近人気の理由を実際の居住者から探ってみました。

そして、タウンハウスには意外な歴史背景が…