不動産ニュース / 調査・統計データ

2012/5/17

11年度の首都圏分譲戸建、契約戸数は約5万9,000戸。契約率は22%/アトラクターズ・ラボ調査

 アトラクターズ・ラボ(株)はこのほど、2011年度の戸建分譲分析結果を発表した。インターネットポータルサイト上で販売広告された全物件を収集・分析したもの。戸建分譲とは、新設住宅着工統計の「分譲の戸建」を指す。

 同年の、新設住宅着工における全国の新規販売戸数は11万7,979戸(前年比4%増)、同期間中の契約戸数は11万2,350戸、契約率24%だった。東日本大震災の影響により、5~7月にかけ契約率が20%を割り込み、1年間を通じた契約率も、好調の目安となる25%を割った。

 首都圏の分譲戸建は5万7,724戸(同7%増)。契約戸数は5万9,553戸、契約率は22%だった。契約戸数が着工戸数を上回っているのは、震災による2週間余の販売物件が、4月以降にずれ込んだため。契約率が22%と全国平均を下回っているのは、震災前まで土地仕入れを強化してきたパワービルダーが、夏以降に販売量を増やし、市場の販売中戸数が増加したため。

 また、戸建分譲の契約価格は、全国平均3,144万円、首都圏平均3,506万円。販売価格は、全国平均3,251万円、首都圏平均3,594万円。全国、首都圏ともに、震災後の5.6月と平均価格は下落したが、その後回復。全国価格は3,150万円前後、首都圏価格は3,530万円前後で安定推移した。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年12月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/11/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2018年12月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

特集は、毎年恒例の人気企画「活躍する地場企業の戦略を探る―2018」。今年は北海道から沖縄まで、11社を取り上げました。「海外での実務経験」や、「大学前の立地」を活かした顧客のターゲティングや、「京町屋専門仲介・管理」など専門特化型など、各社、さまざまな取り組みをしています。