不動産ニュース / その他

2012/5/29

柏の葉エリアで家庭用植物工場を家庭に配置しての実証実験、9月開始/三井不動産他

家庭用植物工場でのレタス栽培の様子。なお、工場は試作品で、今後製品化の予定
家庭用植物工場でのレタス栽培の様子。なお、工場は試作品で、今後製品化の予定

 国立大学法人千葉大学、三井不動産(株)、パナソニック(株)、(株)みらいは、千葉県柏の葉キャンパスエリアにおいて、住宅、学校、商業施設、病院などまちの中のあらゆるところに植物工場を設置し、それらをネットワークでつないで地域での最適利用を進める「みらい畑スマートネットワーク」の構築に向けての取り組みを開始した。
 第1弾として、2012年9月から13年8月までの1年間、柏の葉キャンパス駅周辺の10世帯程度を対象に、ネットワーク型家庭用植物工場の実証実験を開始する。

 モニターの家庭に家庭用植物工場を設置。野菜栽培をしてもらうとともに、ネットワークを活用して専門家による栽培支援やモニター同士の交流支援を進め、植物工場を起点とした新しいコミュニティづくりを展開する。

 栽培にあたっては、家庭用植物工場で栽培が容易なレタス、サンチュ、水菜など30種類の「栽培レシピ」(LED照明、液肥、温度管理などの調整)を用意し、ネットワークを通じダウンロードできるようにする。また栽培日記や収穫予定、発見した新レシピ情報など、利用者同士もネットワークを通じコミュニケーションできるような仕組みを構築する。

 なお家庭用植物工場は、露地では収穫までに90日ほどを要するレタスが、40日で収穫できるという。また農薬も使用せず、天候にも左右されないなどのメリットもある。

 三井不動産柏の葉キャンパスシティプロジェクト推進部長の河合淳也氏は、「柏の葉エリアでは現在『土いばりクラブ』や『エコクラブ』など26の『まちのクラブ活動』が始動しているが、今回『みらい畑クラブ』が新たなクラブとしてスタートする。住民主体の“地産地消”の推進や同じ意識を持つ仲間との“食のコミュニティ”構築など、市民が主体の農と食における新しい暮らし方提案につなげていきたい」と語った。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。