不動産ニュース / その他

2013/9/19

住宅・建築物省CO2先導事業に「大宮ヴィジョンシティプロジェクト」が採択/ポラスグループ

 ポラスグループは17日、同社グループの(株)中央住宅、ポラスタウン開発(株)、(株)ポラス暮し科学研究所の3社が提案した「大宮ヴィジョンシティプロジェクト」(埼玉県さいたま市、総棟数125棟)が、国土交通省による「平成25年度 第1回住宅・建築物省CO2先導事業」の戸建住宅新築において採択されたと発表した。今回で3回目の採択。

 同プロジェクトは、計画地周辺の気象特性と地理的条件を考慮した街区計画に基づく戸建住宅地計画。全住戸を低炭素建築物認定基準に適合させ、ZEH仕様街区、パッシブ利用型街区等のさまざまな環境趣向の居住者が選択できる住宅構成とした。
 また、ライフサポート型HEMSとして、エネルギーの見える化に加え、家庭菜園、雨水利用など積極的に緑と関わる活動の支援や、設備機器の定期メンテナンスを実施する。

 開発総面積は約2万5,300平方メートル。販売価格は未定。販売時期は2013年11月上旬、入居は14年6月上旬の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。