ZEHの一覧

2019/1/18

2019/1/16

不動産ニュース 2019/1/16

木質系ユニット住宅のZEHモデルを発売

積水化学工業(株)住宅カンパニーは、木質系ユニット住宅「グランツーユーV(ファイブ)-ZEHモデル」を、26日より全国で発売する。2017年10月に発売した「グランツーユーV」は、子育て世帯の需要が高いことから、同社の木質系住宅のZEH達成率の...

2018/12/4

不動産ニュース 2018/12/4

注文住宅検討者、約3割が消費増税前に建築希望

(株)リクルート住まいカンパニーは4日、「2018年 注文住宅動向・トレンド調査」結果を発表した。1年以内に一戸建て(新築建て替え注文住宅)を竣工した「建築者」(調査期間:7月24日~8月4日)、および今後2年以内に一戸建て(同)の建築を検討し...

2018/11/1

不動産ニュース 2018/11/1

プレ協会員のZEH供給率が37.1%に拡大

(一社)プレハブ建築協会は、「住生活向上推進プラン2020」の2017年度実績をとりまとめた。同プランは、06年の住生活基本法等の制定を受け、15年度を最終年度として同協会の住宅部会が旧プランを策定。

2018/10/25

不動産ニュース 2018/10/25

積和建設G、初の全国統一の戸建商品を発売

積水ハウスグループの積和建設18社(積和建設グループ)は、初の全国統一新商品「PARTAGE(パルタージュ)」を11月1日より発売する。同グループは、積水ハウスの施工を担い、木造軸組構法による戸建住宅「積和の木の家」の新築事業、一般の戸建住宅や...

2018/10/11

不動産ニュース 2018/10/11

エネファーム採用台数5万台を達成/積水ハ

積水ハウスは10日、同社が建設する新築戸建てにおいて、東京ガス(株)の販売する家庭用燃料電池「エネファーム」の採用台数が5万台に達したと発表。日本全体の累計普及台数25万台のうちの5分の1を占め、世界最多の搭載台数となった。

2018/9/25

2018/9/18

不動産ニュース 2018/9/18

静岡のマンション、高層ZEH-M実証事業に/大和ハ

大和ハウス工業(株)は14日、経済産業省資源エネルギー庁の「高層ZEH-M実証事業」に、分譲マンション「(仮称)プレミスト稲川三丁目」(静岡県静岡市、総戸数29戸)が採択されたと発表した。同事業は、集合住宅のZEH化を促進する設計ガイドライン策...

2018/9/14

不動産ニュース 2018/9/14

世田谷のZEHマンション、MR案内開始

東京建物(株)は15日、経済産業省の「平成30年度高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業」に採択された新築分譲マンション「ブリリア弦巻」(東京都世田谷区、総戸数72戸)のモデルルーム事前案内会を開始する。同事業は、集合住宅をZEH化するた...

2018/9/3

不動産ニュース 2018/9/3

大京、「高層ZEH-M実証事業」に10事業

(株)大京は3日、経済産業省の「平成30年度高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業」として、大京グループ(大京と(株)穴吹工務店)から10事業が採択されたと発表した。経済産業省の実証事業は、集合住宅のZEH化を推進するための設計ガイドライ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。