ZEHの記事一覧

2020/2/6

不動産ニュース 2020/2/6

ZEH推進施策の動向について、全国で説明会

国土交通省は3月3日より、経済産業省および環境省と合同で、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)等の推進施策の動向についての説明会を、全国6都市7会場で開催する。対象はハウスメーカー、工務店、住設機器・建材メーカーなど。

2020/1/28

不動産ニュース 2020/1/28

4層フロアの共働き世代向け新商品/三井H

三井ホーム(株)は28日、総合住宅展示場「幕張ハウジングパーク」(千葉県花見川区)で、注文住宅商品「SCARA(スカーラ)」のメディア向け見学会を開いた。ミレニアル世代を中心とした共働き家族がターゲット。

2020/1/23

不動産ニュース 2020/1/23

金沢で北陸初のZEH-M/大和ハウス

大和ハウス工業(株)は23日、分譲マンション「プレミスト西金沢ステーションフロント」(石川県金沢市、総戸数90戸)を2月中旬に発売すると発表した。JR北陸本線「西金沢」駅から徒歩1分、同駅前で初の分譲マンションという。

2020/1/15

不動産ニュース 2020/1/15

応急仮設住宅の供給に尽力/プレ協

(一社)プレハブ建築協会は15日、アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)で新年賀詞交歓会を開催した。冒頭挨拶した同協会会長の芳井敬一氏は、「昨年は台風15号、19号等、水害の多い年だった。

2019/11/15

不動産ニュース 2019/11/15

積水ハウス、「気候危機」テーマにシンポ

積水ハウス(株)は15日、気候危機をテーマにした環境シンポジウムを、「TKPガーデンシティPREMIUM神保町」(東京都千代田区)で開催した。冒頭、同社常務執行役員の内山和哉氏が主催者を代表し、「積水ハウスは来年60周年を迎える。

2019/10/30

不動産ニュース 2019/10/30

2つのPJがZEH-M実証事業に/野村不

野村不動産(株)は29日、経済産業省「超高層ZEH-M実証事業」および、環境省「高層ZEH-M支援事業」に、同社のプロジェクトが採択されたと発表した。「超高層ZEH-M実証事業」は、省エネルギー投資促進に向けた支援補助金ネット・ゼロ・エネルギー...

2019/9/26

2019/9/10

不動産ニュース 2019/9/10

旭化成H、買取電力を事業活動に活用へ

旭化成ホームズ(株)は10日、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目的とした国際的なイニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。現在、加盟企業数は全世界で190社を超え、同社は日本企業で23社目の加盟となる。

2019/8/8

不動産ニュース 2019/8/8

次世代住宅設備機器市場、18年度は6,796億円

(株)矢野経済研究所は7日、「次世代住宅(スマートハウス、ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)関連主要設備機器市場」に関する調査結果を発表した。調査期間は2019年1~3月、次世代住宅関連設備機器メーカー、ハウスメーカー、関連業界団体他を...

2019/5/31

不動産ニュース 2019/5/31

日本初の「Nearly ZEH-M」竣工/大京

(株)大京は31日、分譲マンション「ライオンズ芦屋グランフォート」(兵庫県芦屋市、総戸数79戸)を竣工した。同物件は、阪急神戸線「芦屋川」駅徒歩17分、東海道本線「芦屋」駅徒歩19分に位置。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。