不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2014/5/14

リフォーム事業拡大へ。16年度の売上目標1,000億円/ミサワホーム

 ミサワホーム(株)は14日、2014年3月期決算説明会を開催した。

 当期(13年4月1日~14年3月31日)の連結経営成績は、売上高4,260億3,300万円(前期比7.9%増)、営業利益131億9,400万円(同6.1%増)、経常利益126億9,800万円(同5.6%増)、当期純利益104億円(同4.8%増)。賃貸住宅事業が相続税対策の影響もあり、受注高が前期比40.5%の大幅増となるなど好調。また工業化住宅の売上戸数および単価が増加したことなどにより増収増益を達成した。

 次期については、受注戸数が上期の注文住宅、賃貸住宅で反動減を見込むが通期で1万4,300戸(同114戸増)、売上戸数で受注残高(同6.6%増)や販促活動等により1万2,000戸(同304戸増)を計画。連結売上高4,400億円、営業利益100億円、経常利益100億円、当期純利益90億円を見込む。

 また、同日、同社代表取締役の竹中宣雄氏が14年度を初年度とする3ヵ年の新中期経営計画などについて会見。同計画では“MISAWA do all”をテーマに「do all Design(商品ラインナップの拡充)」「do all Life stage(ストック関連事業強化)」「do all Area(エリア強化・シェアアップ)」「do all Correct(グループ体制の最適化)」「do all Satisfaction(満足度向上)」の5つのミッションを掲げ、16年度末までに連結売上高5,000億円を目指す。

 中でも事業拡大に向けて、リフォーム事業・資産活用事業・不動産事業をストック関連事業と位置付け、体制強化や販売支援を目的に積極的に投資、強化していく。リフォーム事業については、16年度の売上高1,000億円、シェア20%を目標に掲げ、営業人員も13年度983名から1,360名の大幅な増員を図る。また、リフォーム対象をオーナ中心からマンション、非住宅、旅館・ホテルなどにまで広げシェア拡大を狙う。なお、資産活用事業については、賃貸住宅でコンサル機能を強化するとともにマンション事業にも注力。地方主要都市を中心に展開していくとした。
 竹中氏は「3ヵ年計画終了時にミサワホーム50周年を迎える。これまでに“やり残したことをやる”を一番に考え、テーマを策定した。特にリフォーム事業は16年度の売上目標1,000億円に設定するなど非常にハードルが高いがチャレンジしていきたい」などと述べた。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。