不動産ニュース / その他

2014/5/22

INV、シニア7物件すべてを売却。ホテル運用に参入

 インヴィンシブル投資法人(INV)は21日、ホテル2物件の取得およびシニア物件7物件の譲渡を決定したと発表した。

 取得する資産は「ホテルマイステイズ神田」(東京都千代田区)、「ホテルマイステイズ浅草」(東京都墨田区)の不動産信託受益権。取得予定価格はそれぞれ28億5,100万円、25億8,400万円、取得予定日は23日。

 譲渡する資産は、「ボンセジュール千歳船橋」(東京都世田谷区)、「ボンセジュール四つ木」(東京都葛飾区)、「ボンセジュール日野」(東京都日野市)、「ボンセジュール武蔵新城」(川崎市高津区)、「ボンセジュール小牧」(愛知県小牧市)、「ボンセジュール秦野渋沢」(神奈川県秦野市)、「ボンセジュール伊丹」(兵庫県伊丹市)。

 外国人宿泊客需要の拡大など、ホテル市場は今後も成長が期待できる一方で、高齢者住宅市場はエンドテナントの入居状況に関わらず賃料が一定金額のため、今後の成長性が期待できないこと、またヘルスケア施設の高いニーズにより売却益が期待できることから、ホテルとシニア施設とのポートフォリオ構成入れ替えを行なったもの。

 今回の取得・譲渡により、同投資法人のポートフォリオ73物件、取得価格ベースで779億8,800万円となる。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。