不動産ニュース / 開発・分譲

2016/3/15

簡易宿泊事業の会社と業務提携/TKP

 (株)ティーケーピーは14日、(株)ファーストキャビン(東京都千代田区、代表取締役社長:来海忠男氏)との間で資本・業務提携契約を締結したと発表した。

 ファーストキャビンは飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルを展開しており、ビジネスホテルとカプセルホテルの間の低料金でありながら、スタイリッシュなデザインや充実したサービスの提供により全施設稼働率は90%を超えて推移している。

 今回の提携は、TKPの会議室とファーストキャビンが展開するコンパクトホテルが融合した会議室併設型コンパクトホテル「TKPファーストキャビン」(仮)を積極的に展開していくことが目的。
 研修×宿泊とのシナジーをさらに具現化し、両社が持つさまざまなノウハウ・サービス・アセットを最大限活用することで、相乗効果による新たな価値の創出やより良いサービスの創造を図っていく考え。

 本提携では、TKPがファーストキャビンの既存株主から普通株式(発行株式総数の約13%)を取得する。

 今後、店舗拡大を進め、3年後には10店舗・売上高20億円を目指す。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。