不動産ニュース / 調査・統計データ

2016/4/8

東京圏の地価変動率、住宅・商業ともに上昇傾向/三友システムアプレイザル調査

 (株)三友システムアプレイザル不動産金融研究所はこのほど、「三友地価インデックス 東京圏の最新地価動向」(2016年第1四半期)を発表した。

 実際の土地取引等の際に用いた鑑定評価(価格調査)の実績データを利用した地価インデックス。類似の地価指標である地価公示や都道府県地価調査などと比べて、実勢をよりタイムリーに反映している。

 当期(16年1~3月)の東京圏全体の地価変動率は、住宅地(前年同期比4.3%プラス、前期比1.7ポイントプラス)が横ばいも含め13期連続上昇、商業地が(同5.4%プラス、同3.0ポイントプラス)と6期連続上昇といずれも上昇傾向。東京圏内都県別では、4都県すべてで住宅地・商業地いずれも上昇したが、各都県内での地価の二極化により、標準価格の差が大きくなり、前年対比の変動幅は大きな動きを繰り返している。
 
 地価指数(1994年第2四半期を100とした指数)は、住宅地は66.1(前期比0.1ポイントマイナス)、商業地は47.5ポイント(同2.0ポイントプラス)と、2012年以降上下を繰り返しながらも上昇傾向。都県別では、住宅地・商業地いずれも、東京都と神奈川県が相対的に高く、埼玉県と千葉県は低くなった。また、商業地は住宅地に比べてバブル崩壊後の下落幅が大きかったため、圏内全域で水準は低い結果だった。

 東京都内のエリア別でみると、地価変動率は、都心部・南西部・北東部・多摩地区の全域で上昇。地価指数は、南西部の水準が高く、都心部および都心3区で、他のエリアに比べてバブル崩壊後の下落幅が大きかったため、水準は低くなった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。