不動産ニュース / 調査・統計データ

2016/8/24

地場の不動産仲介業の景況感、慎重な見方広がる/不動産流通研究所調査

 (株)不動産流通研究所が24日、2016年4~6月期の「地場の不動産仲介業における景況感調査」の結果を公表した。アットホーム(株)に研究委託し、四半期ごとに実施している調査。

 北海道、宮城県、首都圏、静岡県、愛知県、近畿圏、広島県、福岡県のエリアごとに前年同期と比較した業況判断指数(DI)を算出。DIは「50」が前年並みを示す。アットホームの全国不動産情報ネットワーク加盟店のうち、同一都道府県内で5年を超えて不動産仲介業に携わる2万4,205店の経営者や役員、管理職を対象にインターネットで調査。有効回答数は630店。

 16年4~6月の賃貸仲介DIは、北海道47.5(1~3月期比19.4ポイント上昇)、宮城県35.7(同6.8ポイント低下)、首都圏39.9(同3.2ポイント低下)、静岡県40.0(同4.6ポイント低下)、愛知県37.0(同9.3ポイント低下)、近畿圏41.7(同1.2ポイント低下)、広島県42.9(同1.8ポイント低下)、福岡県36.1(同3.4ポイント低下)となった。全エリアで50を割り込み、北海道以外ではDIも低下するなど、全体に市況の厳しさを感じさせる結果となった。

 16年7~9月期の見通しDIは、北海道37.5、宮城県34.5、首都圏35.5、静岡県44.0、愛知県29.3、近畿圏35.8、広島県39.3、福岡県34.2と、7エリアで40を下回るなど、慎重な見方が広がっている。

 不動産会社からは、「極端に安いか、高い賃料の物件への問い合わせ、成約が多く、中間層の物件が動かない」(千葉市ほか)、「景気減退から、少し様子見ムードにある」(福岡県久留米市)などといったコメントが聞かれた。また、「新築物件が増えているため、築年数15年以上の物件が非常に決まりにくい」(埼玉県川越市ほか)など、新築賃貸物件の供給過多による影響を指摘する声も多い。

 売買仲介DIは、北海道41.3(同3.3ポイント低下)、宮城県41.1(同1.1ポイント上昇)、首都圏42.1(同3.3ポイント低下)、静岡県39.4(同5.2ポイント低下)、愛知県32.9(同6.6ポイント低下)、近畿圏43.3(同2.8ポイント低下)、広島県44.2(同0.4ポイント上昇)、福岡県52.8(同2.2ポイント低下)。福岡県はDIはやや低下したものの、50を超えており好調が継続している。ただ全体的には、6エリアで前期のDIを下回るなど、厳しい市場となっている。

 7~9月期の見通しDIは、北海道43.8、宮城県42.9、首都圏41.0、静岡県40.0、愛知県32.4、近畿圏37.8、広島県42.3、福岡県46.1。6エリアで前期よりも見通しDIを下げるなど、賃貸仲介同様に、慎重な見方が広がっている。

 不動産会社からは、「価格上昇から売り需要が増加、逆に購入は手控えている」(東京都港区)、「高額物件の成約が増えてきており、客層は二極化している」(埼玉県川口市)などといったコメントが聞かれた。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年8月号
日々の実務に役立つ情報満載です

ビジョンのキーワードである「不動産最適活用」に取り組む事業者への取材等を通し、今後必要となる経営戦略を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。