不動産ニュース / 調査・統計データ / 取材

2016/10/31

新築マンションの収益性、三大都市圏で急激に悪化/東京カンテイ調査

 (株)東京カンテイは31日、2016年「新築マンションPER」を発表した。「マンションPER」とは、一定期間に販売された新築マンションの価格が同じ駅勢圏のマンション賃料の何年分に相当するかを示す値で、駅別のマンションの収益性の指標となる。集計期間は15年7月~16年6月。

 首都圏全体の新築マンションPERは、28.66(前年比1.36ポイント増)で、02年の調査開始以来最も高い数値となった。70平方メートル換算平均価格が5,998万円(同10.3%上昇)だったのに対して、70平方メートル換算平均賃料が17万5,551円(同5.3%上昇)にとどまった。13年まで、PERは24弱で推移していたが、新築マンション価格の高騰を受け14年に24.99、15年に27.30と急激に上昇している。
 また、16年は近畿圏28.30(同2.26ポイント上昇)、中部圏28.55(同1.75ポイント上昇)も共に大きく上昇。首都圏同様、平均賃料は上昇したものの、価格がそれ以上に上昇したことで、収益性が低下している。

 首都圏の駅で新築マンションPERが最も低く、収益性が最も高いと算出されたのは、東京メトロ「虎ノ門」駅でPERは14.17。平均価格1億9,100万円に対して平均賃料は59万3,420円だった。2番目に低かったのは京浜急行本線「立会川」駅で18.07、3位はりんかい線「品川シーサイド」駅で18.19だった。PERが20を下回ったのは9駅。収益性上位には利便性が高く賃料水準の高いターミナル駅や、販売価格の低い支線駅が多くランクインしている。

 一方で、収益性が最も低いとされたのは東京メトロ「六本木」駅で、PERは45.40。低収益性とされた駅には、大手ディベロッパーがランドマーク的な高級物件を供給したエリアが多く、マンション販売価格の高騰が収益性の低下を招いているという。

 同社では「今回は過去の調査に比べて郊外部の収益性も大きく悪化している。マンション価格が高額になってしまえば実需層の多くは手が出なくなる。マンションの購入者を増やすのであれば、物件価格を下げるしか方法はない」とコメントしている。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年12月号 日々の実務に役立つ情報満載です

「全国版空き家・空き地バンク」の運用がスタート!その概要や、モデル事業者2社のサイトを紹介します。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/11/20

「海外トピックス」更新しました

Vol.334 廃線後の鉄道を市民の憩いの場に ~画期的な都心の遊休地活用策 の記事を更新しました。

シカゴ市のど真ん中に東西4.3キロに及ぶ遊歩道があります。元は高架の鉄道でしたが、廃線後草ぼうぼうとなっていた場所。

10年かけておしゃれな公園に様変わりしました。名づけて「606公園」。

さて、「606」とは?