不動産ニュース / 開発・分譲

2016/12/15

コンパクトマンションブランド立ち上げ、丸の内に販売拠点。年間供給300戸目指す/三菱地所レジデンス

「ザ・パークワンズ千代田佐久間町」完成予想図
「ザ・パークワンズ千代田佐久間町」完成予想図
「ザ・パークワンズ品川戸越」完成予想図
「ザ・パークワンズ品川戸越」完成予想図
「ザ・パークワンズ品川戸越」モデルルーム。賃貸マンション「ザ・パークハビオ」と同レベルの設備仕様を採用。供給エリア最上位の賃料での運営を実現する
「ザ・パークワンズ品川戸越」モデルルーム。賃貸マンション「ザ・パークハビオ」と同レベルの設備仕様を採用。供給エリア最上位の賃料での運営を実現する

 三菱地所レジデンス(株)は、コンパクトマンションブランド「ザ・パークワンズ」を立ち上げ、第1弾となる「ザ・パークワンズ千代田佐久間町」(東京都千代田区、総戸数27戸)、「ザ・パークワンズ品川戸越」(東京都品川区、総戸数84戸)を、2017年1月末に一般発売する。

 都心部への人口流入、単身世帯の増加、低金利の継続など、コンパクトマンションへの投資・実需ニーズの高まりへの対応が目的。同社が1棟まるごとコンパクト系のマンションを本格的に供給するのは、初めて。

 分譲マンション「ザ・パークハウス」や賃貸マンション「ザ・パークハビオ」の供給や運営を通じて得たノウハウを投入し、投資家・セカンド・自己居住ニーズに応える商品を供給。グループ会社の三菱地所ハウスネット(株)がサブリース・賃貸管理などをサポートする。

 等価交換事業や定期借地権付マンション、自由設計マンションなどを手掛けるパートナー事業部が担当。事業開始にあたり、物件情報の提供や優先販売を行なう会員組織を16年6月に立ち上げ、これまで約1,300名の登録を集めた。販売は、東京・丸の内に設けた常設販売ギャラリーで展開。会員登録者の7割が投資目的での購入希望という。

 賃貸マンションとしての運用を前提に、「ザ・パークハビオ」同様のハイグレードの設備機器を、水回り中心に導入。全室壁掛けエアコン、内廊下なども採用する。

 初弾となる「ザ・パークワンズ千代田佐久間町」は、JR線「秋葉原」駅徒歩6分に位置する、地上11階建て。住戸は、ワンルーム~2LDK、専有面積25~50平方メートル。販売価格は、ワンルームタイプで3,000万円台中盤からを予定。また「ザ・パークワンズ品川戸越」は、都営浅草線「戸越」駅徒歩6分に位置する、地上13階建て。住戸は1K~1LDK、専有面積25~40平方メートル。販売価格は、25平方メートルの1Kで2,700万円台からを予定している。

 この2物件に続き、渋谷区、港区での販売も予定。今後も23区内を中心に開発用地を取得し、年間200~300戸の供給を目指す。自治体の付置義務への対応を除き、ワンルームを基本としていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。