不動産ニュース / 開発・分譲

2016/12/21

大阪・泉佐野の家電量販店を外国人向け宿泊特化型ホテルにコンバージョン/ザイマックス

「からくさスプリングホテル関西エアゲート」外観。家電量販店営業時の駐車場を活用し、大型バスなどが多数駐車できるスペースも確保した
「からくさスプリングホテル関西エアゲート」外観。家電量販店営業時の駐車場を活用し、大型バスなどが多数駐車できるスペースも確保した
満室時でも余裕をもって対応できるレストランは、もともとの天井高をそのまま生かし開放感ある作り。2階客室へはスロープでの移動も可能
満室時でも余裕をもって対応できるレストランは、もともとの天井高をそのまま生かし開放感ある作り。2階客室へはスロープでの移動も可能
ツインルーム内部。外国人はバスタブ利用習慣がないことからシャワーのみとし、その分客室面積を広げたほか、大型スーツケースが入るベッド下スペース、ユニバーサルコンセント、USB充電ポートなどインバウンドニーズに特化した設備仕様
ツインルーム内部。外国人はバスタブ利用習慣がないことからシャワーのみとし、その分客室面積を広げたほか、大型スーツケースが入るベッド下スペース、ユニバーサルコンセント、USB充電ポートなどインバウンドニーズに特化した設備仕様
隣り合う55ヵ所の客室は、つないで利用できるようにしており、家族利用やグループ利用に対応
隣り合う55ヵ所の客室は、つないで利用できるようにしており、家族利用やグループ利用に対応

 (株)ザイマックスは、外国人をメインターゲットとした宿泊特化型ホテル「からくさスプリングホテル関西エアゲート」(大阪府泉南郡、全139室)を、2017年1月15日に開業する。

 同施設は、南海本線「羽倉崎」駅徒歩5分に立地。家電量販店として使われていた鉄骨造の建物(延床面積約4,300平方メートル)をホテルにコンバージョンしたもの。「からくさホテル」ブランドでは3施設目(心斎橋、京都)となる。

 もともと、同社が建物オーナーから家電量販店のリテナントの依頼を受け検討してきたが、関西国際空港から車で5分という立地、空港周辺エリアでの外国人向け宿泊施設の不足、LCC受け入れ枠の多さなど関西国際空港のインバウンドニーズへの対応能力の高さなどを踏まえ、土地・建物を15年初頭に取得し、ホテルとすることを決定した。事業費は非開示だが、コンバージョンを採用したことで、同規模新築建物の7割弱に抑えている。

 階高7mの高さと余剰容積を生かし、平屋建てを2階建てへ変更。床面積は約6,200平方メートルへ拡大した。フロントやレストランは、従前の天井高のままとし開放感を演出。客室間に吹き抜けを設けるなどして採光を確保。建物内の基礎は新たに打ち直し、配管類を収めた。

 客室は、シングル(18平方メートル)57室、ツイン(21~24平方メートル)60室、デラックスツイン(29~32平方メートル)、和室(37平方メートル)とバリアフリールーム(21平方メートル)が各1室。隣り合う55ヵ所の客室をつないで利用できるようにし、グループ・多人数宿泊ニーズに対応。外国人はバスタブ利用習慣がないことからシャワーのみとし、その分客室面積を広げたほか、大型スーツケースが入るベッド下スペース、ユニバーサルコンセント、USB充電ポート、館内Wi-fi、電話通訳サービスなどインバウンドニーズに特化した設備仕様としている。関西国際空港までは無料送迎バスを用意する。

 客室セールスは、中国の春秋企業集団の日本法人と提携。OTA(インターネット事業旅行会社)を通じたパック販売なども活用し、通年稼働率9割を目指す。一般客のほか、春秋航空スタッフの利用も見込む。季節変動を除いた平均宿泊料金は、1万3,000円前後を想定。初年度売上高5億円が目標。
 
 同社は「からくさホテル」ネットワークを、19年までに10棟・1,900室とする方針。これまで開発した3ホテルは、いずれも関西立地、コンバージョンでの開発だったが、今後は首都圏を含む全国各地の国際空港近隣で、新築も含めて開発を進めていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。