不動産ニュース / 開発・分譲

2017/1/16

1棟リノベマンション事業に参入。白金台の初弾は全戸200平方メートル超え/三菱地所レジデンス

「ザ・パークリモア白金台3丁目」外観。エントランスのファサードなどを従前の高級感を生かしながら改修
「ザ・パークリモア白金台3丁目」外観。エントランスのファサードなどを従前の高級感を生かしながら改修
カスタム可能住戸は、内装を仕上げない状態で引き渡す。平均的な内装コストは数千万円。現代の分譲マンションに見合う断熱性を確保するため、吹き付け断熱を施工している
カスタム可能住戸は、内装を仕上げない状態で引き渡す。平均的な内装コストは数千万円。現代の分譲マンションに見合う断熱性を確保するため、吹き付け断熱を施工している
販売住戸のリビング。同社の高級マンションと同等の設備機器を導入する
販売住戸のリビング。同社の高級マンションと同等の設備機器を導入する

 三菱地所レジデンス(株)は、1棟リノベーションマンション事業に参入した。ブランド名を「ザ・パークリモア」とし、第1弾の「ザ・パークリモア白金台3丁目」(東京都港区、総戸数14戸)のモデルルームを21日にオープンする。

 同社は2014年4月に「リノベ事業部」を立ち上げリノベーションマンション事業を展開してきたが、これまでは戸別リノベーションを中心としてきた。今後は新ブランドでの1棟リノベーションも加え、リノベーションマンションの供給を加速する。

 首都圏一帯を中心に、新築分譲マンションの供給できるエリアで併行して事業展開。設備機器の一括仕入れやアフターサービスなどグループの新築マンション事業のリソースを生かし、差別化。高級物件からファミリーマンションまで幅広く手掛けていく方針。年間売上高100億円を目指して物件を仕入れていく。長期的にはリノベーションマンションの年間供給戸数500~600戸、売上高200億円を目指す。

 「ザ・パークリモア白金台3丁目」は、東京メトロ南北線他「白金台」駅徒歩4分に立地。長谷工コーポレーション(株)が1987年建築した地上4階建てのマンションで、外資系ファンドが賃貸住宅として保有していたものを、同社が2015年春に取得。全室退去を待って16年4月からリノベーション工事を開始した。

 エントランスやホール、中庭などの共用部を、従前の高級感を生かしながら現在のトレンドに合わせ改修。開口部周辺の断熱補強、ペアガラス化、セントラルヒーティングから個別空調への変更、二重床化などを実施。設備機器は、同社最高級マンション同等品を採用した。また、既存のセントラル給湯システムとエネファームを組み合わせた給湯システムを採用。エネファームで発電した電気を共用部へ供給する。

 住戸は、3LDK+ファミリーダイニング、4LDK+ファミリーダイニング。専有面積214~267平方メートル。販売住戸12戸のうち7戸を、内装未施工の状態で引き渡し、購入者が自由に内装や設備機器を施工できるカスタムプランとして販売する。1期5戸の販売価格は2億8,800万~4億2,400万円。

 なお「ザ・パークリモア」第2弾は、埼玉県内のファミリーマンションを予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

近年、多様な分野で導入が進む「スマホ決済サービス」。その仕組みを解説しつつ、既に不動産仲介の現場でサービスを導入した事業者に、そのメリット、課題などを伺いました。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/6/13

「松村文衞 お別れの会」ご参会の御礼

令和元年6月12日に執り行ないました弊社 前代表取締役社長 松村文衞の「お別れの会」に際しましては、ご多用中にもかかわらず多くの皆さま方にご来臨賜り、厚く御礼申し上げます。
故人がこれまで皆さまより頂戴いたしました数々のご厚情に感謝申し上げますとともに、故人同様今後も変わらぬご厚誼賜りますようお願い申し上げます。
令和元年6月13日 株式会社不動産流通研究所 代表取締役 丹羽洋子