不動産ニュース / 開発・分譲

2017/2/1

「銀座二丁目交差点」近接にラグジュアリーホテル開発/森トラスト

「銀座二丁目ホテル計画」外観イメージ
「銀座二丁目ホテル計画」外観イメージ
「このホテルを通じて、日本の素晴らしい文化と世界の潮流が交わり、新しい価値が生まれる場となることを目指していきたい」と挨拶した伊達社長
「このホテルを通じて、日本の素晴らしい文化と世界の潮流が交わり、新しい価値が生まれる場となることを目指していきたい」と挨拶した伊達社長
最上階に設置する「ルーフトップバー」イメージ
最上階に設置する「ルーフトップバー」イメージ

 森トラスト(株)は1日、「銀座二丁目ホテル計画」(東京都中央区)の施設概要について記者会見した。

 同ホテルは、海外のハイブランドショップが集積する「銀座二丁目交差点」に近接したマロニエ通りに位置。敷地面積663.31平方メートル、延床面積約7,000平方メートル、13階建てのラグジュアリーホテルを開発する計画。設計・内装デザインは、建築家の隈 研吾氏が手掛ける。

 会見の冒頭、同社代表取締役社長の伊達 美和子氏は「今回の計画地は、日本が誇る世界的な商業都市『銀座』にあるが、さらに海外のハイブランドショップが集積する銀座の中心部・二丁目交差点に近接した希少なロケーション。この土地の魅力を最大限に引き出すため、日本を代表する建築家である隈氏にご協力いただくこととした。このホテルを通じて、日本の素晴らしい文化と世界の潮流が交わり、新しい価値が生まれる場となることを目指していきたい」などと話した。

 引き続き、隈氏が設計・デザインコンセプトについて説明。「ゲストを迎えるエントランスは、壁面緑化を施した“緑のパサージュ”をコンセプトに、開放的なデザインとする。最上階には、緑に囲まれた『ルーフトップバー』を設置し、ゲストには銀座の夜景を存分に楽しんでもらいたい。銀座は、昔ながらのストリート文化を残しながらも世界の最先端をゆく地でもある。建築するホテルが、銀座の新たなランドマークとなることを確信している」と意気込みを語った。

 客室数は100室前後、宿泊価格は1泊5万~8万円となる見込み。着工は2018年半ば以降、20年初頭の開業を予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。