不動産ニュース / イベント・セミナー

2017/2/9

所有者不明土地問題テーマのシンポジウム開催/国交省

 国土交通省は3月8日に、「地球に広がる所有者不明土地問題を考える~地方創生、防災etc…あなたのまちの地域力向上のために~」をテーマにシンポジウムを開催する。

 「人と土地を結ぶ―私たちの国土を活かすために―」と題して早稲田大学大学院法務研究科教授の山野目 章夫氏が基調講演する他、パネルディスカッション「自治体の現場で必要とされる所有者不明土地問題への対応策とは」も行なう。
 なお、シンポジウム前に、同省が2016年3月にとりまとめた「所有者の所在の把握が難しい土地に関する探索・利活用のためのガイドライン」説明会も併せて開催する。

 時間は13時30分~16時10分(説明会は10時30分~12時)、会場は日本橋社会教育会館8階ホール(東京都中央区日本橋人形町1-1-17)。定員200名で、参加費は無料。

 申し込みはFAX(03-5951-2974)か、Eメール(tochisympo●ecosys.or.jp 、(●=@))で受け付ける。応募用紙はホームページよりダウロード可能。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。