不動産ニュース / 開発・分譲

2017/2/13

福島・南相馬にメガソーラー建設/住友商事他

 住友商事(株)は13日、ソーラーパワー南相馬・原町(株)を通じ、太陽光発電事業に着手すると発表した。

 同事業は、南相馬市が所有する東日本大震災の被災地(約46ha)に、発電容量32.3MWのメガソーラー発電設備および関連設備を整備する、総事業費約130億円の太陽光発電事業。発電した電力は一般家庭約1万世帯の使用電力量に相当し、固定価格買取制度を活用して小売電気事業者に電気を供給する。
 
 南相馬市は2012年、「南相馬市再生可能エネルギー推進ビジョン」を策定し、30年には市内の消費電力量に対する再生可能エネルギーの導入率をほぼ100%とすることを目指しており、同事業は主要なプロジェクトの一つ。
 
 (株)みずほ銀行をアレンジャーとして組成した金融機関団が、ソーラーパワー南相馬・原町(SPC)への融資を実行し、(株)東芝および大成建設(株)が建設などを行なっていく。

 商業運転開始は18年12月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。