不動産ニュース / 仲介・管理

2017/2/17

介護度高い入居者に対応する「ケアフロア」設置。東京・立石にサ高住/東京建物グループ

「グレイプス立石」外観。葛飾区では最大規模のサ高住となる
「グレイプス立石」外観。葛飾区では最大規模のサ高住となる
2階のケアフロアには、風呂有り風呂なし合わせて28戸のワンルームを用意。フロア専属スタッフが常駐し、一般フロアの基本サービスに加え、突発的な介護介助、食事支援などの「見守りサービス」を提供する
2階のケアフロアには、風呂有り風呂なし合わせて28戸のワンルームを用意。フロア専属スタッフが常駐し、一般フロアの基本サービスに加え、突発的な介護介助、食事支援などの「見守りサービス」を提供する
建物1階に設けたデイサービスでは、東京建物シニアライフサポート自らがデイサービスを提供する。入居者だけでなく地域住民にもサービスを提供していく
建物1階に設けたデイサービスでは、東京建物シニアライフサポート自らがデイサービスを提供する。入居者だけでなく地域住民にもサービスを提供していく

 東京建物(株)の子会社、東京建物シニアライフサポート(株)は、サービス付き高齢者向け住宅「グレイプス立石」(東京都葛飾区、総戸数96戸)を、2月28日に開業。入居者募集を開始した。

 同物件は、京成押上線「京成立石」駅徒歩10分に立地。東京建物のサ高住「グレイプス」ブランドとしては11施設目。建物は、地上6階建て延床面積約5,600平方メートル。これまでのグレイプスシリーズが、認知症や介護度の高いユーザーに対応できず稼働スピードにも影響が出ていたことから、建物2階部分を要介護度の高い入居者に特化した「ケアフロア」としたのが特長。

 ケアフロアには、風呂有り風呂なし合わせて28戸のワンルームを用意。フロア専属スタッフが常駐し、一般フロアの基本サービス(安否確認、緊急対応、健康相談など)に加え、突発的な介護介助、食事支援、居室の簡易清掃、服薬管理、個別巡視などの「見守りサービス」を行ない、入居者はこれらに加え、介護保険による介護サービスで身体状態に合わせケアを受けることができる。

 また、東京建物シニアライフサポート自らが運営するデイサービスも開設。入居者に加え、地域住民にもサービスを提供していく。専門業者と提携して筋力維持を助ける食事の提供や園芸療法、入居者からのヒアリングを反映させた生活支援サービスなども導入する。

 住戸は、ワンルーム~2LDKまで31タイプ(専有面積19~51平方メートル)を用意。月額賃料は、4万5,730~25万6,750円(別に管理費3万6,350~4万1,350円)。基本サービス費は3万8,880円(1人入居)・6万5,880円(2人入居)。ケアフロアは、別に見守りサービス費が月額5万9,400円必要。

 同社は、17年度もサ高住供給を加速。東京都世田谷区用賀(120戸)、東京都稲城市(65戸)、世田谷区千歳台(83戸)でもサ高住を供給する予定。また、東京都新宿区大京町では、自社初となる介護付有料老人ホーム(48戸)の供給を計画している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。