不動産ニュース / 開発・分譲

2017/2/20

東京・南町田駅周辺に周辺環境と調和した商業施設/東急電鉄、町田市

商業施設のイメージ
商業施設のイメージ

 東京急行電鉄(株)は17日、田園都市線「南町田」駅周辺で町田市とともに推進している「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」に基づく商業施設の開発計画を発表した。

 駅・公園・商業施設の周遊性向上および周辺環境と調和した商業施設による賑わいの創出を目的に、12日に閉館した「グランベリーモール」の敷地を再整備する。

 敷地面積は約8万3,000平方メートル、延床面積は約15万1,000平方メートルで、コンセプトを“生活遊園地~くらしの『楽しい』があふれるエンターテイメントパーク~”とし、商業施設と7つの広場を整備する。

 敷地内は、2層または3層を中心としたオープンモールとし、駅から商業施設や鶴間公園、周辺住宅地までの周遊性を高める歩行者ネットワークを整備。商業施設にはアウトレットやライフスタイル提案型の物販、飲食店などを含め、従前の2倍となる約200店舗が出店する。
 
 商業施設の施設デザインには、世界的に著名なラグアルダ・ロウ・棚町建築事務所のデザイナー・Palbo Laguarda氏を起用。まちや自然との調和を図っていく。

 開業は2019年度の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。