不動産ニュース / 開発・分譲

2017/3/6

新宿エリア5棟目の新都市型ホテル開業/アパグループ

新宿エリア5棟目となる「アパホテル<東新宿 歌舞伎町東>」外観
新宿エリア5棟目となる「アパホテル<東新宿 歌舞伎町東>」外観

 アパホテル(株)は3日、新宿エリア第5号となる「アパホテル<東新宿 歌舞伎町東>」(東京都新宿区、客室数129室)を開業した。

 同ホテルは、東京メトロ副都心線、都営大江戸線「東新宿」駅徒歩2分、日本最大の繁華街「歌舞伎町」に位置。鉄骨造地上14階建ての新都市型ホテル。 

 1階には、レストランカフェ「こだわりサンドウィッチと多国籍ダイニング SUN SUN」を設置。客室には、50型以上の大型液晶テレビや快眠を追求したオリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」、通常の浴槽より20%節水可能なオリジナルユニットバス(卵型浴槽、定量止水栓、節水シャワー)等を完備した。また、BBCワールドニュース無料放映やWi-Fi無料接続を導入したほか、客室の明るさにこだわりシーリングライトを採用。ベッドの枕元に照明スイッチ類、空調リモコンを集約し、携帯・スマホの充電に便利なコンセント・USBポートを設置するなど、機能性を追求している。

 訪日外国人需要の高まりを受け、チェックイン混雑の緩和のため、オリジナル仕様の「自動チェックイン機」を導入する。また、多言語対応のショッピングチャンネル「おもてなしチャンネル」のサービスも開始。客室内のテレビを活用し、日本の優れた商品やサービスを動画で紹介、宿泊客はコールセンターを通じて気に入った商品をテレビ画面上で注文・決済することができる。同ホテルを含む3ホテルでサービスを開始、購入した商品は成田空港のカウンターで受け取る仕組み。

 開業披露式典の記者会見で、アパグループ代表の元谷 外志雄氏は「昨年11月の決算では、過去最高益を達成した。今後も都心部における土地の取得、開業を積極的に進めていく。2020年3月末までに、パートナーホテルを含むアパホテルネットワークとして10万室を目指す」などと話した。

 新宿エリアで運営中のホテルは、建築・建設中を含めて9ホテル3,141室となる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?